五輪を見たり細胞などについて勉強した

ミッドナイトに、五輪を見ていました。陸上をやっていたので見ていました。そして、ミュージックを聴いていました。韓国のミュージックを聴いていました。そして、細胞などについて実習をしました。ほとんど60兆個の細胞から陥る私たちのからだも、その誕生は受精卵という1個の細胞でした。その受精卵の元凶となったのは精子と卵でした。精子と卵はどのようにしてできたのでしょうか。からだができる初期の段階で、始原生殖細胞(染色ボディー数字2n)が体内にでき、これが精巣に移動して精原細胞(2n)となり、ボディー細胞分散で数字を付け足します。初期の状態は奴のこと、受精から3ウィークごろだ。精巣に移動するのは受精から5ウィークごろだ。これらは成長して最初次回精ママ細胞(2n)となり、減数分散をやり、二次回精ママ細胞(n)を経て4個の精細胞(n)ができます。これが各人変形して精子(n)となります。実際に精子を観察してみましょう。知らないことを知れて良かったです。http://www.elpalacete-hotel.com/musee-hanashita.html