お彼岸の雨は春景色によい効果・爛漫の季節の情緒

お彼岸の月曜は雨の空模様、出かける時は不便だから出勤時間はくもりがいいと思うのが普通ですが、3月の雨はさくらとか花景色に自然のめぐみですね。この時期はさくらのツボミがまだ固くて成長も少し、ふっくら淡いピンク色にはこの水分とぽかぽか陽気の日ざしが必要です。気温はやや低いですが冬の寒さと比べれば柔らかい気候、セーターをコートの内側に着込めば春コートでもすごせるという体感温度。同じくらいの温度でも空気の感覚が異なるのは季節が春ということ、硬い感じがした冬の空気よりも涼しいとか爽やかです。雨は歩きにくいですがこの水分で植物とかよい季節の風景が生まれるし、動物もほどよい育成状態、二本足の人類にはやや不便ですが雨水は生活水で活かすという必須の基本ですね。晴れの日があればくもりの日は夏の休息日、暑いばかりではすごせないのでくもりと潤いの雨天もよいもの。3月下旬から4月の水分があるから春爛漫の花風景、葉桜の季節には新緑も若葉が美しい姿、雨の水分があればこそよい情緒が眺められるという季節感。一番痩せる酵素