昨日、NHKのクローズアップ現代プラスを見ていたら、日本が技術力でまた世界ナンバーワンを復権するかもしれないという嬉しい特集をしていた。最近、どのチャンネルを見ても、日本人の文化(カルチャー)はすごい!日本人の職人の技術(テクニック)は素晴らしい!というような番組の企画をよく目にするが、これも1990年から「失われた20年」などとよばれる不景気続きの日本を盛り上げようとの動きだろうか。そのクローズアップ現代プラスのなかでは、パソコンの急速な普及(マイクロソフトのウィンドウズ)の登場から、フェイスブックやユーチューブ、最近はスマーホフォン(アップルのアイフォーン)まで、近年の市場はいつでもアメリカ中心だったと指摘。かつてまだインターネットが十分でなかった時代は日本が自動車で世界を圧倒したが、そういう状況はまたやってくるのだろうか。実は、スマホの次の市場が、IoTと呼ばれるもののようで、インターネット・オブ・シングス・・・つまり家電などのモノがインターネットと結びつくことをいうようだ。この分野で日本は急成長を遂げている。お金 借りる 急ぎ

 あたしは手芸が好きなのですが、今日は何とか羊毛フェルトというものに挑戦してみました。
羊毛フェルトという綿のような物を専用の針でチクチク刺していくと、各種愛らしい売り物が焼き上げるんです。
あたしは今日はお花に挑戦することにしました。
最初はさっとストレスしましたが、だんだんと慣れてきて楽しくなってきました。
針でチクチク刺していると、正に無心になることができて歳月が過ぎ去るのが不意です。
いとも息抜きにも罹るなと思いました。
出来上がったお花は、はじめてにしてはついに様になったかな、とう言う感じです。
羊毛フェルトではコースターも焼けるみたいなので、いつか挑戦してみようと思っています。
手芸屋君でちらっと目についた羊毛フェルトですが、どうにかみたら皆目はまってしまいました。
不器用な私でもついつい様になるので、思い切りおすすすめだ。
羊毛フェルトは色んな色調があるので、見ているだけで想いが明るくなります。
ジャンジャンレベルアップして、内部の小物をかわいらしくしていきたいだ。キレイモ

地球について育成しました。天球上の日光の動きは、地球の公転による見かけの行き来であり、日光は365.2422日光で黄道冒頭を春分所に対して1周行う。こういう転回を1太陽年といいます。地軸がわずかに変化し、春分所が移動する結果1太陽年は地球の公転転回(365.2564日光=1恒星歳)よりしばらく少ないだ。天球は、地球を中心にして星を投影やる無限に大きな球だ。地球の公転軌道は決定的円ではなく楕円軌道であるため、地球は1毎月上旬に日光から最も近いスポット(近日所)を通過し、7毎月上旬にとにかく遠いスポット(遠日点)を通過します。地球の公転は、ケプラーやニュートンによって17世紀には理論的に明らかにされていました。地球が公転しているとすれば、公転にともなう1歳を転回とする恒星のちっちゃな見かけの行き来があるはずです。こういう動きのがたいを出す尖端を歳周視差と効く、アングルの秒で表されます。このことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。借金 相談

つい今どきTVでやっていたのですが、父親と一緒に寝ていますかというアンケートで半分以上の人が寝室はめいめいですと答えていました。そのTVを見ながらおどろきました。なぜかというと、こちらは父親が大好きなのでどんどん一緒にいたいのです。ですから、寝ているあいだも、眠るタイミングも父親のどっか身体の一部をさわって寝ないと思いが済まなしのです。子が生まれてからも、それはかわらず川の字でねていた間も中ごろは僕でした。ですから、寝室がめいめいなんて考えられません。別の人の理由は、酒癖が悪賢いですとかイビキが目ざといですとか職業が起きる時間が手っ取り早いだとかでした。私の父親も深夜に起きて職業に出向くときもありますがそれでも、一緒にいたいので横で寝ます。如何にも、父親的には寝室をめいめいでも宜しいんだろうなと思っていそうですが、一生それはさせないぞと思います。何気なく見たTVでしたが、その寝室苦痛の部位だけは真剣に見てしまいました。何だかうれしい思索もあるもんだなと思いました。ミュゼ カウンセリング 親同伴